はなはな*みかん オリジナルメソッド

~教育・療育を家庭とつなぐお手伝い~

学びと遊び子育て*らぼ

はなはな*みかん
~共に育つ、共に育てるきょういく~

★「教育」・「療育」を家庭とつなぐお手伝い★

理念
「共に育つ、共に育てる」を理念を基に様々な共にを考えて活動する。

親子が共に。
異年齢児も共に。
障がい児も共に。

三世代の交流の場を作るなど、様々な「共に」を考えて現在に至るまで活動。


きょういく

~教育であり共育~
未就学児までは、子育ち親子教室にて親子で遊びながら学び、
大切な時代をお手伝いいたします。

以下をお子さまと接するにあたり大切にしています。

①愛情が第一であること
②子どもを邪魔者にしない
③他の子どもと比較しない
④ゆったりとした心を持つ


「子育ち」とは

「子育て」は親が子どもを育てること。

「子育ち」は子ども自ら育つ力のこと。
親は子どもの育つ環境を整えるお手伝いをします。

家庭での生活が親子共々、幸せであって欲しいとの思いを
込めて「子育ち」という言葉を使っています。

 

すべてのお子さまにお役に立つ

視覚支援を大切に、サイン(手話、ジェスチャー、ベビーサイン、マカトン)とカードを取り入れています。
「みるみるサイン」「みるみるカード」と呼んでいます。
障がいがある,発達がのんびりのお子さんも、幼稚園を受験するお子さんもやってきます。

はなはな*みかんの遊びながら学べる教材、プログラムは、
様々な活動を通してすべてのお子さまにお役に立つことが分かってきたのです。

 

誰もが置いてけぼりにならない社会

そんな中、「理想だよ・・・」と言われるかも知れないけれど、
【誰もが置いてけぼりにならない社会を作りたい】
と思うようになりました。

 

はなはな*みかんオリジナルプログラムの「学びと遊び知育教室」誕生

この想いがどんどん強くなり、母親のみ、子どものみでなく、
親子で一緒に遊びながら学べる完全オリジナルプログラムを開発しました。

教材の歌は作詞、作曲から着手し、完全オリジナル曲としました。

 

「視覚支援コース」~療育を家庭とつなぐお手伝い~

発達がのんびりなお子様のための「視覚支援コース」では、
「みるみるサイン」「みるみるカード」を用いて、視覚支援をしながら、
お教室を進めています。

 

お家先生になる

具体的な支援の方法や計画を立てて、自分の子どものお家先生になるのが目標。

お子さまの成長を促せるよう、子育てが少しでも楽しくなるお手伝いをします。